婚約指輪に関する記事のサイトです

メインイメージ

婚約時に交わす婚約指輪の証明書

結婚に際し、婚約という儀式は今もありますが、その時に男性から女性に贈る指輪は、多くの場合、ダイヤモンドなどの宝石のついた指輪です。
従来の考え方からしますと、結婚は嫁ぐという形なので、御嬢さんをいただくことに対する敬意のようなものだったのです。
ですから、男性が1人前になって結婚相手を見つけると、給料の3か月分の指輪をプレゼントするというのが一般的に考えられていた習わしでした。
ですから、稼ぎの多い人と結婚するとダイヤのカラットが大きくなるという1つのバロメータです。
ですから、どういう価値がある宝石だということを示す証明書があったのです。
男性の方から女性の方へプレゼントという意味では、金額や価値といったものは重視すべきものでもない気はしますが、女性の父親から見ると、花婿の価値のようにもとられるバロメータですから、はなはだ、気になる存在が婚約指輪です。
昔は婚約指輪は立て爪のダイヤの指輪が多かったので、もらったからといって、いつもはめるかどうかというと若干疑問です。
婚約から結婚までの数か月、婚約しましたよという印のようにはめる人もいますが、あまり実用的ではありません。
その後はもっと実用的なデザインが好まれます。
正直なところ、婚約指輪に証明書があっても、実際にそれを使って何かすることはほとんどありません。
何百万円、何千万円もする指輪なら、鑑定つきの証明書があれば転売のときに有利になるかもしれませんが、数十万円程度の指輪なら、質屋にもっていっても二束三文です。
ですから、ふつう、自分で使う指輪なら数十万円くらいで発行してもらうことは少ないはずです。
なぜなら、これは指輪の保証書みたいなものですが、婚約指輪を買うのに中古の指輪を贈る人もいないですし、流通も少ないです。
はめる女性の自己満足を満たすものが証明書かもしれません。
私は、値段に関係なく、気に入ったデザイン、気に入ったはめ心地、気に入った色合い、そういう指輪をはめたいです。
形式張った型にとらわれた指輪ではなく、長年気に入ってはめられる指輪をプレゼントする習慣になればいいと考えます。
もし今、数十年前にもらった指輪にこだわるなら、宝石をはずして、違うデザインに作り直すことも考えられますがそうまでする人は少ないでしょう。
宝石のついた指輪は、外出時のおしゃれであって、家庭の主婦の日常生活には不向きです。
単に記念品にするには高価な不用品になりがちですから、もっとはめやすい自然なデザインを宝石店も推奨すればいいです。
こちらのサイトにはダイヤモンドに付いている鑑定書について解説しているページがありました。わかりやすい解説で大変お勧めです。