婚約指輪に関する記事のサイトです

メインイメージ

結婚後のストーリーまで考えて

いま現在お付き合いをされている(既にプロポーズしようと考えているような)女性に対して、一体どのような婚約指輪を送ればいいのかということを悩まれている男性はたくさんいらっしゃると思います。
また、既にカップルで、お互いに話し合いを進めている中で、どんな婚約指輪を買おうかということを考えていらっしゃる方々もたくさんいるのではないかと思います。
そうした方々向けに、どんな指輪を買うことが良いのかということを考えるための1つの材料としての考え方を提供できれば良いなと思っています。

1つの考え方として、結婚後の様々なライフステージごとに起こるストーリーを意識して、指輪を選択するという考え方です。
もちろん、婚約指輪は、一般的には大きなダイヤモンドが乗せられており、それ単独でも非常に美しく、目立つものであるかと思います。
但し、単独で非常に大きくて、美しいものであるがゆえに、逆に結婚後は、使用機会も限られており、たんすの肥やしになるだけといった非常にもったいないということも多々あるということを、色々なところで聞かれたことがあろうかと思います。

それは、逆に単独での位置づけとなっているがゆえにということもあるかと思います。
何を言っているかといいますと、例えばの考え方として、婚約指輪、結婚指輪と続く流れの中で、その後に、お子さんが生まれた際の奥様へのプレゼントとして、結婚記念何年という節目の年にというときのプレゼントとしてなど、様々な機会で指輪をプレゼントのオプションとして考える機会は多数あるかと思います。
こうした際の指輪のプレゼントとして、それぞれの指輪を例えば、2つなり、3つなりを重ね付けしてつけることができるか、左右の手に分かれてつけたときに、お互いが美しさや、色合い、洋服とのフィット感といった観点でみたときに、双方が補完関係を持ち、2つなり3つなりの指輪を一緒に女性(奥様)が使うことができるかということを考えるということです。

これは、男性にとっては、サプライズプレゼントがしやすいというメリットがあります。
例えば、子供が産まれた際に奥様に「良く頑張ってくれたね」ということで、過去のプレゼントした指輪と重ね付けができるものをあげたら、そしてその際には、例えば、お子さんの名前を指輪に彫ってプレゼントしたら、とても喜ばれるのではないでしょうか。一生物の指輪をプレゼントするのであれば、こちらも一生使うことを前提に様々なケースを想定して指輪を選んでは如何でしょうか。
こちらのサイトの、オーダーメイドでつくる婚約指輪についての詳しい解説もとても参考になりますので、ぜひご覧ください。