婚約指輪に関する記事のサイトです

メインイメージ

婚約指輪のダイヤモンドの大きさ

婚約指輪というのは、男性が結婚したいと思っている女性に対して、プロポーズをする際に手渡しするもので、エンゲージリングとも呼ばれています。
婚約指輪は、結婚の際に必ずしも渡さなければならないと決まっているわけではありません。
最近では、不況の影響を受けて、結婚式や結婚披露宴だったり、ハネムーンも行わないというカップルもたくさんいらっしゃり、婚約指輪も購入しないカップルも多いです。
こうしたカップルは、結婚の際に浮いたお金を、その後の新婚生活に回すようにして、堅実に遣り繰りをされているようです。

その一方で、結婚というのはやはり人生最大のイベントで、とりわけ女性にとっては小さな頃から憧れていた人も多いので、そんな人生においてたった一度きりの大きなイベントは、盛大に行いたいと思っている人も多いです。
こうした場合には、結婚式や結婚披露宴は、親戚や上司や友人など、たくさんの招待客を招いて盛大に行ったり、新婚旅行も長期間休みを申請して海外に行ったり、婚約指輪も人生のけじめとして購入したりすることが多いようです。
エンゲージリングの購入場所としては、百貨店のジュエリーショップや、個々の宝石店などで購入をすることが可能です。
百貨店には、たくさんのジュエリーショップが入っているので、色々なお店を見て、自分の好きなジュエリーショップやブランドを探すことができますし、実際にエンゲージリングを見て回ることで、気になるものを比較検討して、最終的に決定をすることができます。
エンゲージリングの値段というのは、ピンきりですが、基本的にダイヤモンドがついているので高価なものです。
男性の収入にもよりますが、昔からよく、エンゲージリングの値段というのは、男性の給料三か月分と表現をされることが多かったです。

エンゲージリングの価格というのは、ダイヤモンドの大きさを表わすカラット数や、ダイヤモンドのカットの美しさだったり、ジュエリーブランドのネームバリューや、リング自体の素材やデザインによっても変わってきます。
ダイヤモンドの大きさを表すカラット数が大きくなればなるほど、エンゲージリングの価格は高騰しますし、リングのデザインについても、ひねりがあったり、ウェーブなどのこったものはストレートタイプのエンゲージリングに比べて高くなります。
エンゲージリングは非常に高価なものなので、なかなか即決は出来ず、何度も迷った末に決定することが多いです。
こちらのサイトにある、エンゲージリングのダイヤのクオリティについての詳しい解説のページも、併せてご覧ください。わかりやすく、お勧めのサイトです。