婚約指輪に関する記事のサイトです

メインイメージ

金属アレルギーの人の婚約指輪選び

アクセサセリーにもさまざまな種類がありますが、指でさりげなく輝く指輪はとても人気の高いアイテムで、男女ともに愛用されている方は多いものです。
そして指輪にもおしゃれ用などさまざまなものがありますが、愛する人から贈られる婚約指輪は特別なものです。
こういった指輪の多くは、プラチナ台にダイヤモンドというものが多いですが、最近はゴールドを利用したものも人気となっています。

でも、金属を受け付けない体質の方、いわゆる金属アレルギーで悩まれている方も多く、金属のものを見につけることで、腫れてしまったり、かぶれてしまったり、そして時には血が滲んでしまったりすることもあります。
アレルギーにもさまざまな種類があり、すべての金属を受け付けないという方もあれば、金だけはダメなど一部の金属のみでアレルギーが起こってしまう人もいます。
アレルギーを持っていると、せっかくの美しいジュエリーをつけることを控えなくてはいけませんが、やはり大切な指輪は作りたいと考える方は多いものです。

そこで考えたいのが従来のタイプの指輪ではなく、アレルギーの方も安心してつけることができる素材で指輪を作ることです。
まずはどういった金属がだめなのか改めて確認しておきたいものです。
金属アレルギーの方が婚約指輪を作る場合、一部の金属だけがだめなら、アレルギーが起きない素材を選ぶことになります。
金がダメでもプラチナが大丈夫であれば、そういった素材を選んでいくこととなります。

それから最近はジュエリーショップのほうでも金属アレルギーに対応したジュエリーを提供していることも増えていますので、お店の人と相談して決めるのもおすすめです。
インプラント治療などに使われているチタンやイリジウムなどもアレルギーが起こりにくいということで、アクセサリーに使われることもありますし、さらに医療用に使われているサージカルステンレスも、歯の詰めものや金属製のかぶせ歯が大丈夫という人なら適用出来る場合があります。
症状はそれぞれ違いますので、指輪を作る前は、アレルギーの人は医療機関で診察や検査を受け、どういった金属でアレルギーが起こり、どれが大丈夫であるのかしっかり確認しておきたいものです。

そして、金属以外でも指輪は作ることができ木製のものや翡翠のリングなどもあります。
金属アレルギーに対応したジュエリーはさまざまありますので、じっくり比較して、アレルギーのある方でも安心してつけることができる素敵な婚約指輪を作っていきたいものです。
こちらのサイトの、婚約指輪の一般的なデザインについての解説も、是非ご覧になってみてください。